トップ / 適度な運動でも予防が出来る

妊婦と血糖値の関係性

適度な運動でも予防が出来る

妊娠糖尿病を予防する運動

妊婦さんは日々の体の変化に伴って、思ったように体を動かせなくなり、前かがみになれない・しゃがみづらいなど行動がしづらくなってきます。妊娠初期は、母体も胎児も安静な状態で過ごすことが大切ですが、赤ちゃんがお腹の中で大きくなり、安定期を迎えたら、出来るだけこまめに無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

非妊娠時と比べて体を動かしにくい分、摂取したカロリーを消費するシーンが少なくなります。栄養分は胎児に送られますが、適度な運動を取り入れることで急激な体重増加を抑え、妊娠糖尿病の予防にもなります。

安定期を迎えると、赤ちゃんが大きくなるために必要となる栄養素も、血液を通して多くなってきます。お母さんが充分に栄養を摂取して赤ちゃんの健康を考える事は大切ですが、無事な出産を迎えるまでに色んな心配事やストレスもあるでしょう。また、体を安静にすることに気を取られてじっとしていると、口寂しくなりついつい食べ物を口にしてしまいがちです。

まずは手軽に無理をせず、ウォーキングから始めてみるとよいでしょう。外に出て散歩をするだけで気分転換になります。体重の増加を気にして頑張りすぎると、お腹に張りがでることもありますので、やりすぎは禁物です。

また妊娠後期の運動として、マタニティヨガやマタニティビクスがあります。ゆったりと胡坐の姿勢で手足や背筋を伸ばすことで、痛みがちな腰や背筋をすっきり伸ばすことができるのでリフレッシュ効果があります。足の付け根の関節を伸ばし、内体筋を鍛えることもでき、分娩をスムーズに行う準備も整います。水中でできるエアロビクスやスイミング教室も、体にかかる負担を軽くしつつ緩やかに運動できるのでおすすめです。

Copyright © 妊婦の血糖値が高くなると. All rights reserved.