トップ

妊婦と血糖値の関係性

妊婦の血糖値が高くなると

妊婦が血糖値が高くなる危険とは

女性にとって、妊娠は人生の中でも大きなライフイベントです。赤ちゃんを無事に出産するために健康に出産する日を迎えたいと願うのは誰しも思う事でしょう。ただ、赤ちゃんを体に宿し出産までの間を過ごす間、女性の体はそれまでになかった体調の変化を起こします。

中でも気を付けたいのは、妊婦にも胎児にも影響を及ぼしかねない血糖値の上昇です。血糖値の上昇を抑えたい方はこちら。

妊娠してから急激に血糖値が上昇する病気を妊娠糖尿病と言います。血糖値とは、血液中のブドウ糖数値を表し、日常的に基準値よりも高い場合は治療や経過観察を必要とします。食事をした後は特に、食べ物が体内で分解されて血中に取り込まれるために血糖値は上昇しますが、インスリンというホルモンが働く事で正常であれば数時間で元に戻ります。

ただ妊娠期間は、胎児に必要十分なブドウ糖を送る必要があるため、お腹の中で赤ちゃんが大きくなるにつれてこのインスリンの働きを抑制するホルモンを分泌し、血糖値が高い状態を保とうとします。インスリンを壊す酵素も作られるため、血糖値が高いまま正常範囲に戻りにくくなります。

胎児を大きく育てるために必要なことに違いはありませんが、血糖値が高い状態が長く続くと妊婦の体にも負担がかかります。これが妊婦糖尿病です。初期段階では自覚症状もほとんどありません。しかし進行すると尿の量や回数が増えたり、のどが渇きやすくなったりします。

また疲れやすくなるという症状もありますが、一般的に妊婦さんは体つきが変わることで疲れを感じやすくなりますし、膀胱の圧迫で尿意をもよおしやすくもなります。体の変化が大きいため気付きにくいですが、高血糖の状態が続くと、母体と赤ちゃん双方に影響しますので、定期健診をきちんと受けて、気になる点はその都度解消しておくのがよいでしょう。

Copyright © 妊婦の血糖値が高くなると. All rights reserved.